スロウレイン – Song and Lyrics by Acidman

0
200

Discover the poetic beauty in ‘スロウレイン’ by Acidman. This lyric breakdown takes you on a journey through the artist’s thoughts, emotions, and the story they aim to tell. From clever metaphors to evocative imagery, we delve into the nuances that make this song a lyrical masterpiece. Whether you’re a fan of Acidman or a lover of well-crafted words, our detailed analysis will give you a deeper understanding and appreciation of this song.

夏風 柔らかに
思い出すサンセット 語らずに
眩し過ぎてた 夕波も
いつしか雨にうたれていた
何度も呼んでいたんだ
貴方の声を探していた
僅かに触れた心まで
思えばいつも無くしていた
届くように それでも届くように
深く目を閉じて 今
全てが響き合うように
その世界の雨は透明で
その未来の果てを祈っている
生まれた意味の一粒も
無くさぬ様に祈っている
君は最後の風に乗って
色鮮やかな風に乗って
空に舞い上がり手を振った
華麗なダンスの様に
何度も探していた 星が生まれた
その意味を
生かされる日の その意味を
貴方が笑った その意味を
続くように それでも続くように
遠く西の空 今 全て繋ぎ合うように
その世界の雨に寄せて
その未来の果てを祈っている
生まれた意味の一粒も
無くさぬ様に祈っている

この世界に溢れる音の
その全てに意味が在るように
この世界に溢れる命の
その全てに意味が在るように
その世界の雨は透明で
その未来の果てを祈っている
生まれた意味の一粒も
無くさぬ様に祈っている
君は最後の風に乗って
色鮮やかな風に乗って
空に舞い上がり手を振った
華麗なダンスの様に
It’s slow rain